1960年代、1970年代をもう一度!!

あの時の、あの曲、あの名場面... をもう一度聞きたい! 見たい!

そんな方へのお手伝いをちょっぴり...

あなたは何を記憶していますか?

そして、あなたの脳裏にはどんな場面が焼きついていますか?

   → →  右側のカテゴリからお選びください  → →

    ↓ ↓  あの曲!! こちらからもどうぞ!  ↓ ↓


今、売れている音楽CD ベスト100   今、売れているDVD ベスト100



2010年12月01日

■ あの時のあの曲(日本のアーティスト)■

日本のアーティスト

海外のアーティストはこちら

ア行:
アイ・ジョージ 相本久美子 青い三角定規 あおい輝彦 青江三奈 赤い鳥 麻丘めぐみ 浅田美代子 浅野ゆう子 梓みちよ 渥美二郎 麻生よう子 あべ静江 アグネス・チャン 天地真理 あみん 荒井由実 荒木由美子 アリス 安西マリア 杏里 アン・ルイス 

飯田久彦 石川さゆり 石川ひとみ 石川秀美 いしだあゆみ 石野真子 石橋正次 石原裕次郎 五木ひろし 五輪真弓 伊藤咲子 伊藤さやか 伊東ゆかり 井上順 井上陽水 稲垣潤一 岩崎宏美 岩崎良美 イルカ 

ヴィレッジ・シンガーズ 植木等(クレージーキャッツ) 内山田洋とクールファイブ 

江利チエミ 

欧陽菲菲 大信田礼子 太田裕美 大橋純子 大場久美子 大貫妙子 岡崎友紀 岡村孝子 小川知子 小川ローザ 荻野目洋子 奥村チヨ 岡田奈々 小椋佳 尾崎亜美 尾崎紀世彦 オフコース

B00005HP8E青春歌年鑑 1973
オムニバス ガロ 南沙織 チューリップ

青春歌年鑑 1974 青春歌年鑑 1972 青春歌年鑑 1971 青春歌年鑑 1975 続・青春歌年鑑 1973

by G-Tools


カ行:
海援隊 甲斐智枝美 甲斐バンド かぐや姫 柏原芳恵 片平なぎさ 加藤和彦と北山修 加藤登紀子 金井克子 金井夕子 上條恒彦 上條恒彦と六文銭 紙ふうせん かまやつひろし 加山雄三 狩人 ガロ 河合奈保子 河島英五 

岸洋子 岸田智史 来生たかお 北島三郎 木之内みどり キャンディーズ 

久保田早紀 グレープ 黒沢年男 桑江知子 桑名正博 クリスタルキング 

桂銀淑 研ナオコ 

郷ひろみ 香坂みゆき ゴールデン・ハーフ 小坂明子 小坂恭子 越路吹雪 ゴダイゴ 小林明子 小林旭 小林麻美 小林幸子 小柳ルミ子

サ行:
サーカス 西城秀樹 斉藤慶子 斉藤こず恵 ザ・ヴィレッジシンガーズ 堺正他 榊原郁恵 坂本九 佐良直美 さくらと一郎 ザ・ゴールデン・カップス サザン・オール・スターズ ザ・タイガース さだまさし ザ・テンプターズ ザ・スパイダース さとう宗幸 ザ・フォーク・クルセダーズ ザ・ピーナッツ ザ・リリーズ ザ・ワイルドワンズ 桜田淳子 沢田研二 

ジェリー藤尾 しばたはつみ しまざき由理 清水健太郎 シモンズ ジャッキー吉川とブルーコメッツ シャネルズ シュガー ジュディ・オング 朱里エイコ 庄野真代 

水前寺清子 ジローズ 杉良太郎 

芹洋子 世良公則&ツイスト 千昌夫 

園まり

B00006RTRY青春歌年鑑 1962
オムニバス 飯田久彦 ザ・ピーナッツ ジェリー藤尾

青春歌年鑑 1961 青春歌年鑑 1963 青春歌年鑑 1960 青春歌年鑑 1964 青春歌年鑑 1965

by G-Tools


タ行:
平浩二 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 高田み造え 高橋真梨子 ダ・カーポ 高見知佳 多岐川裕美 竹内まりや 田中星児 谷村新司 

ちあきなおみ チェリッシュ チャー チューリップ 

鶴岡雅義と東京ロマンチカ 

寺尾聡 テレサ・テン 

敏いとうとハッピー&ブルー トライアングル トワ・エ・モア

ナ行:
内藤やす子 中尾ミエ 中島みゆき 中条きよし 中原理恵 中村雅俊 中森明菜 渚ゆう子 

新沼謙治 西川峰子 にしきのあきら 西田佐知子 西田敏行 

野口五郎

B00005HPNI青春歌年鑑 1978
オムニバス 堀内孝雄 キャンディーズ サーカス

青春歌年鑑 1977 青春歌年鑑 1979 青春歌年鑑 1980 青春歌年鑑 1976 続・青春歌年鑑 1978

by G-Tools


ハ行:
ハイ・ファイ・セット はしだのりひことシューベルツ はしだのりひことクライマックス 橋幸夫 浜田朱里 原田真二 原田知世 林寛子 ばんばひろふみ バンバン 

ヒデとロザンナ ビューティ・ペア 平尾昌晃&畑中葉子 平田隆夫とセルスターズ 弘田三枝子 平山三紀 ぴんからトリオ(宮史郎) ビリー・バンバン ピンクレディー ピンキーとキラーズ 

フィンガー5 フォーリーブス ふきのとう 布施明 舟木一夫 フランク永井 

ペギー葉山 ペドロ&カプリシャス 辺見マリ 

細川たかし 堀内孝雄 堀ちえみ

マ行:
マイク真木 真木ひでと 牧・三枝子 松坂慶子 松崎しげる 松山千春 松本伊代 松本ちえこ 円広志 丸山圭子 黛ジュン 

美川憲一 美空ひばり 水越恵子 水谷豊 水原弘 三田寛子 三原順子 南こうせつ 南沙織 三好鉄生 都はるみ 

森進一 森昌子 森田公一とトップギャラン 森山良子 もんた&ブラザース

B00006RTJF青春歌年鑑 1967
オムニバス 石原裕次郎 佐良直美 鶴岡雅義と東京ロマンチカ

青春歌年鑑 1968 BEST30 青春歌年鑑 1966 青春歌年鑑 1969 BEST30 青春歌年鑑 1965 青春歌年鑑 1970

by G-Tools


ヤ行:
八神純子 薬師丸ひろこ 八代亜紀 矢沢永吉 柳ジョージ&レイニー・ウッド 山川豊 山口百恵 山下久美子 山本コウタローとウィークエンド 山本譲二 山本リンダ 

由紀さおり 雪村いづみ 湯原昌幸 

吉幾三 吉田拓郎

ラ行:
りりィ リンリン・ランラン 

ロス・インディオス



ワ行:
渡辺真知子 渡哲也



posted by Sho-chan at 00:00| ▼ あの時の あの曲 ▼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

■ あの時のあの曲(海外のアーティスト)■

海外アーティスト

日本のアーティストはこちら

A B C
Abba(アバ)
Allman Brothers Band(オールマン・ブラザーズ・バンド) 
Carole King(キャロル・キング) 
Creeedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル) 
Cream(クリーム) 
Crosby, Stills, Nash & Young(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング) 
Chicago(シカゴ) 
The Byrds(ザ・バーズ) 
The Butterfield Blues Band(ザ・バターフイールド・ブルース・バンド) 
Buffalo Springfield(バッファロー・スプリングフィールド) 
The Band(ザ・バンド) 
The Beatles(ザ・ビートルズ) 
Blood, Sweat & Tears(ブラッド・スウェット&ティアーズ) 
Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス) 
Bonnie Raitt(ボニー・レイット) 
Bob Dylan(ボブ・ディラン) 
Bob Marley & The Wailers(ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)
Billy Joel(ビリー・ジョエル)
The Carpenters(カーペンターズ)
Bay City Rollers(ベイ・シティ・ローラーズ)



D E F
The Eagles(イーグルス) 
Emerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー) 
Eric Clapton(エリック・クラプトン) 
Elton John(エルトン・ジョン) 
Deep Purple(ディープ・パープル) 
David Bowie(デビッド・ボウイ) 
Delaney & Bonnie & Friends(デラニー&ボニー&フレンズ) 
Derek & The Dominos(デレク・アンド・ザ・ドミノス) 
The Doors(ザ・ドアーズ) 
Donovan(ドノヴァン) 
Faces(フェイセズ) 
Flying Burrito Brothers(フライング・ブリトウ・ブラザーズ) 
Free(フリー) 
Fleetwood Mac(フリートウッド・マック)



G H I
The Grateful Dead(ザ・グレイトフル・デッド) 
Gordon Lightfoot(ゴードン・ライトフット) 
Genesis(ジェネシス) 
Harpers Bizarre(ハーパース・ビザール) 
Humble Pie(ハンブル・パイ)



J K L
King Crimson(キング・クリムゾン) 
The Kinks(ザ・キンクス) 
Jesse "Ed" Davis( ジェシ・エド・デイビス) 
Jethro Tull(ジェスロ・タル) 
Jefferson Airplane(ジェファーソン・エアプレイン) 
Jeff Beck(ジェフ・ベック) 
Jackson Browne(ジャクソン・ブラウン) 
Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン) 
Little Feat(リトル・フィート) 
Linda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット) 
Lynyrd Skynyrd(レイナード・スキナード) 
Leon Russell(レオン・ラッセル) 
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン) 
Leonard Cohen(レナード・コーエン) 
Loggins & Messina(ロギンス&メッシーナ)


M N O
Nick Drake(ニック・ドレイク) 
Nitty Gritty Dirt Band(ニッティー・グリッティー・ダート・バンド) 
Nilsson(ニルソン) 
Moody Blues(ムーディー・ブルース) 
Mott The Hoople(モット・ザ・フープル)
Olivia Newton John(オリビア・ニュートン・ジョン)


P Q R
Queen(クイーン) 
Pink Floyd(ピンク・フロイド) 
Procol Harum(プロコル・ハルム) 
Poco(ポコ) 
Rod Stewart(ロッド・スチュワート) 
Rory Gallagher(ロリー・ギャラガー) 
The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ) 
Police(ポリス)


S T U
Simon and Garfunkel(サイモンとガーファンクル) 
Santana(サンタナ) 
Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー) 
Steppenwolf(ステッペンウルフ) 
T. Rex(T. レックス) 
Traffic(トラフィック)


V W X
Van Morrison(ヴァン・モリスン) 
Vanilla Fudge(ヴァニラ・ファッジ) 
The Who(ザ・フー)


Y Z others
YES(イエス)

posted by Sho-chan at 00:00| ▼ 海外アーティスト ▼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

水谷豊

水谷 豊(みずたに ゆたか、1952年7月14日-)北海道芦別市出身 俳優・歌手。トライサム所属。

1965年、13歳のとき演劇に興味を持ち、「劇団ひまわり」に入団する。翌年1966年、フジテレビの『バンパイヤ』で見事主役に抜擢され、華々しく芸能界デビューを果たす。1970年には『その人は女教師』(共演岩下志麻)で映画デビューも果たし、1976年には『青春の殺人者』でキネ旬主演男優賞を最年少受賞するなど、早くから演技力の高さが評価されていた。

1977年には、『はーばーらいと』(作詞:松本隆、作曲:井上陽水)で歌手デビュー。『表参道軟派ストリート』(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)や『カリフォルニア・コネクション』(作詞:阿木燿子、作曲:平尾昌晃)をヒットさせるなど、多彩な才能ぶりを発揮している。

水谷豊の今の俳優の地位を不動のもとにした作品として『傷だらけの天使』と『熱中時代』が挙げられる。
当初、『傷だらけの天使』での役は柴田恭兵の案もあったが、水谷を注目していた故・松田優作の押しもあり彼に決まったらしい。
現在でも数多くの根強いファンが存在し、DVD化もされ好評を博した。
また、最近の『刑事貴族』や『相棒』などのドラマはシリーズ化され、現在でも水谷豊ここにありという存在感を示している。
今なお、幅広い層から支持を受けている俳優であるからゆえであろう。

また、『熱中時代・刑事編』で共演したミッキー・マッケンジーと結婚をするも、離婚。1989年には、『あんちゃん』で共演した元キャンディーズの伊藤蘭と再婚するなど、プライベートでも話題が事欠かなかった。



水谷本人が出演の名作ドラマ『熱中時代』から主題歌「やさしさ紙芝居」、『熱中時代・刑事編』から「カリフォルニア・コネクション」といったヒット曲を収録したベスト。

B0002YD7U4
ゴールデン☆ベスト
水谷豊

関連商品
ザ・水谷豊
刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト
レジェンド オブ ゲームミュージック ~プレミアムボックス~
by G-Tools


曲目リスト
1.カリフォルニア・コネクション
2.故郷(ふるさと)フィーリング
3.男の手紙
4.心のままに
5.はーばーらいと
6.表参道軟派ストリート
7.はあとふる
8.青空のバラード
9.やさしさ紙芝居
10.やりなおそうよ
11.あす陽炎(かげろう)
12.レモンティーで乾杯
13.マリーナ・デル・レイ
14.普通のラブソング
15.何んて優しい時代
16.Because(for a wedding day)
17.Music High
18.SAILING
posted by Sho-chan at 11:51| Comment(10) | □ 歌手(国j内) □ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西田敏行

西田 敏行(にしだ としゆき、1947年11月4日〜)俳優。福島県郡山市出身。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。

1969年に劇団青年座に入団、翌年「写楽考」では早くも主役に抜擢され、大器の片鱗を見せる。その個性的な演技と、愛嬌のある顔立ちや体型はテレビ界からも注目され、「西遊記」、「池中玄太80キロ」などの連続ドラマで活躍。

映画の『釣りバカ日誌』シリーズでは、コミカルな演技を見せる。また、歌唱力にも定評がある。




日本テレビ系ドラマ『池中玄太80キロ』の主題歌として使われた「もしもピアノが弾けたなら」の大ヒットで歌手としても非凡な才能を魅せた西田敏行の代表曲集。

B00005NYO5
DREAM PRICE 1000 西田敏行 もしもピアノが弾けたなら
西田敏行 阿久悠 坂田晃一 池田充男

関連商品
鳥の詩
DREAM PRICE 1000 バンバン+ばんばひろふみ 「いちご白書」をもう一度
いまのきもち
EXPLORER(初回)
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
by G-Tools


曲目リスト
1.もしもピアノが弾けたなら
2.人生ららばい
3.いい夢みろよ
4.風に抱かれて
5.風見鶏こっち向いた
6.ルネッサンス(西田敏行&桃井かおり)
posted by Sho-chan at 11:49| Comment(13) | □ 歌手(国j内) □ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小林明子

シンガーソングライター小林明子のベストアルバム。

TVドラマ“金曜日の妻たち”の主題歌「恋におちて」など、ファンハウス在籍1985年から1990年までの代表曲を収録。

B0006FGX2S
GOLDEN☆BEST
小林明子 湯川れい子 萩田光雄 松本隆

関連商品
FALL IN LOVE
VOYAGER
by G-Tools


曲目リスト
1.恋におちて-Fall in love-
2.真実
3.愛はエナジー
4.心みだれて-Say it with flowers-
5.くちびるスウィング
6.Touch Me 朝が来るまで
7.こころの炎-Somewhere out there-
8.心のシエスタ
9.Only The Angels Know
10.BE TOGETHER
11.待ちわびて
12.愛と安らぎの中で-How Could I Ask For More?-
13.YO TE MAO-恋のチェイサー-
14.CELEBRATE TONIGHT
15.DIGA MAIS…もっと言って(MED.Version)
16.夏の終わりに
17.心のままに-Morning Wish-
posted by Sho-chan at 11:48| Comment(0) | □ 歌手(国j内) □ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。